賢く!楽チンに稼げて「ちょっと気持いい」お仕事 姉クニクラブ求人サイト

0120-472-782

QRコード

当店について

オンナは30からが稼げるんです!

オトナ女子が求められている理由は?

ある有名女性誌のアンケート結果では、なんと79%もの男性が「年上女性や30代以上の女性に興味ある、グッとくる」と答えています。
アダルトや風俗のサイトを少しでも見たことのある方ならご存知でしょう、人妻やミセスなどは今や一大ジャンル。若い子にはどうしても出せないオトナの色気こそが求められ、甘えたい、話を聞いて欲しい、頭を撫でられたい、そういう願望を持つお客様が増えているということ。無知ゆえにワガママな若いコと違い、いろんな経験をしたオトナ女子だからこそ、お客様に本当の癒やしを届けられるはずなのです。30代以上、そうアナタこそが求められていて、活躍=稼ぐことができる場所なのです。

「いかにもな女性より、もっとフツウの…」

男性経験が豊富である必要ナシ。

お水系や風俗嬢の印象って?「オトナの色気」とはいえムダに派手でセクシーな服、下品でケバいメイク…コレ、当店が求めるイメージとは言えません。なぜなら当店のお客様に求められているのは「普通にいる素人っぽい女性との時間」なのですから。バリバリ、いかにもベテラン、もう恥じらいも何もない豪快な女性と、おしとやかで優しく、ほのかに色気をまとう女性が見せるオトナのオンナの一面…どちらにクラっとくるかなんて考えるまでもないのです。気負ったり背伸びをすることもない、ごく自然体なままのあなたで結構です。ゆえに男性慣れは不要、実は経験人数1人だけとか、中には処女の女性すらいるんです!

「クンニで女性に感じてもらうことに喜びを感じる」 男性も気持ちいいのがクンニなのです。

尽くされるより「尽くしたい願望」の強い 男性が近年急増中なのです。

これまでの風俗は、料金を支払う側、お客様である男性を満足させるために、男性のワガママを中心につくられていました。でも今の男性は、女性に尽くされるのはイヤじゃなくても、どちらかというと「自分が女性に尽くしたい」と思う男性が増えています。尽くすことによって相手が喜んでもらえる、それに満足感や達成感を得る、ある意味フェミニスト的な男性が多くなってるということ。そして男も女もおなじ、指で荒々しく触られるよりも柔らかい舌で優しく舐められるほうがいいに決まっています。クンニによる深い快感は女性ホルモンの分泌を促し、女性に艶をもたらすことに寄与することも知られています。

ラクに稼げてちょっと気持ちイイ。お仕事はクンニしてもらうだけ。女性から何もしなくていい。それで最低でも時給8,000円

女性を男性が優しく口で愛撫する行為、それだけを専門的にサービスとしているのが当店です。女性から一生懸命奉仕したり、したくないフェラやキスもする必要がありません。基本的に「舐められるだけ=受け身のみで何もしない」のだから。特殊な技術やテクニックも必要としませんし、お仕事自体、そしてプライベートでも未経験の女性でもその日からスグに働いて稼いでもらうことができる理由です。トレーニングや講習などもありません、接客の流れが書かれたマニュアルを読んでいただくだけでOK。それでいて最低でも1時間で8,000円のお給料、さらにあなたのできるオプションを追加すればさらにプラスの収入!もちろん、できることだけでOK!強要なんてこともありえません。

どうしてクンニだけでそんなに稼げるの?

競合のない珍しいお店だから安売りする必要がないのです。

当店は「オトナ女子専門クンニオナクラ」という、かなり珍しいお店です。
他のオナクラをご覧になればわかりますが、ソフトサービスであるぶんお給料もとても安いことが多いため、女性の中には「結局それなりに稼ぎたいなら、やっぱりヘルスやソープなどのハードなサービスのお店じゃないと…」とあきらめかける方も多いと聞きます。
珍しいお店とは、そこでしか味わえない、そこにしかない内容があるということ。つまり、たとえ少々割高であっても、それを求めるお客様に支えられるということなのです。お客様用サイトもご覧いただければ、どんな女性とどんなことをしたいと求める男性が集まるお店なのかもわかっていただけると思います。もちろん、お客様がお支払いされる金額が高いということは、接客していただく女性のお給料も高い、なんてことはすでに業界の常識です。

オナクラであることも忘れてはいけません。女性は寝転んでいるだけでいい。今の女性はしてもらうより自分でする

オナクラはオナニークラブ。男性がオナニーするのを見ていてあげる、がベースのコンセプト。
「それだけでいいという男性なんて、本当にいるの?」今やネット全盛の時代です。エッチな本を買う必要もありません。PC、いやスマホ一台あるだけで、見たいものがどこでも好きなときに見れてしまうのです。
では、好きなだけ見れるということはどういうことでしょう?そう、オナニーの材料に事欠かないということ。実際、生身にこだわるオジサン世代に比べれば、若者や中年層は圧倒的にオナニーに傾倒しています。草食系といわれて久しい、その背景にはこういった文化の遷移もあることが知られ始めました。異性のナイショの部分をじっくり見つめてみたい、舐めたりしてみたい。だけど、いわゆるプレイにはそこまで興味はない、自分でしているほうがラクで気持ちいい、だから、ただ舐めさせてくれればそれでいい…こうしてこの珍しいジャンルのお店は誕生したのです。